<   2006年 06月 ( 3 )   > この月の画像一覧

紫陽花の想い Photo by EMIKO

f0038347_21292896.jpg


この紫陽花は、額紫陽花というそうです。
花図鑑を買ったわりには、まだまだ名前を知らない花が多いです。

梅雨時といえば、紫陽花。
文字にすると、むらさき色に陽気に咲く花・・みたいだけど、
花言葉は、青や紫色に色を変えて咲くことから
「移り気」「浮気」「変節」だとのこと。
あまりにも芳しくない花言葉に、紫陽花自身が迷惑がってるかもしれませんね。

でも、この額紫陽花は、とても長く咲き続けることから、
「辛抱強い愛」とも言われているそうです。

ないと困るけど、あまりうれしくもない梅雨の季節。
そんなうっとうしい季節に選ばれて咲いている紫陽花に
敬意を表したい・・
[PR]
by Emistyblue | 2006-06-23 21:37 | 写真

心のなかの忘れ物 photo by 真琴

f0038347_21322174.jpg


心のなかの忘れ物

よく晴れた休日の朝
久しぶりの早起き
眩しい光を おもいきり浴びて

風薫る 五月晴れを
心ゆくまで 感じた

喧騒のなかの日々
哀しくなるマスコミ報道

心の疲れが 癒せなくて
けだるさだけが残る寝起き

芝生の上に寝転んで
ふと見上げた空

一面に花が咲いていることに
やっと気づいたなんて

笑顔を忘れていたことに
今頃気づくなんて

心のなかの忘れものは
誰かに届けてもらうのではなくて
自分で見つけることに
今日 私は気づいた

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

5月末に真琴さんが掲示板に届けてくださったお写真に
詩を添えさせていただきました。

空を見上げたとき、白いバラの花が一面に見えるなんて
とても素敵なショットだな~って思いました。

忙しかったりすると何気ないことに気づかなかったりするけど、
季節が変わるのと同じように、景色や気持ちも変わったりして、
そういったことに、敏感に気づけるようになりたいな・・

心の風邪をひいていた真琴さんも、今ではだいぶ元気になってくださったことも
うれしいし、そんな気持ちもこめました。

音楽は、幻日蜃氣楼 -DAYDREAM MIRAGE-さんの『よく晴れた朝に』を
お借りしました。
音楽つきのページはこちら
[PR]
by Emistyblue | 2006-06-14 21:43 | poem

蒼い時間 Illustration by koto

f0038347_2148351.jpg


蒼い時間


誰にでもあった 蒼いとき
何もかもが 妙にうれしくて
そして いつも不意に哀しくなる

どうして あんなことが幸せで
あんなことが 辛かったのか

どうして あんなに夢中になって
あんなに笑ってたのか

過ぎてしまうときを
見逃さないように
ゆっくり歩いているつもりだったけど

蒼い時間は あまりにも早くて
そして とても短いことを
知らないで 過ごしていた

過ぎてゆく時間は
二度と 取り戻すことはできないけど

蒼い時間を 過ごしていた頃のように
蒼い感覚だけは 失わないでいたい・・

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

以前、kotoさんが綴られていた『蒼い世界』
という詩のイラストが
宮崎のような、神戸のような景色で、何ともいえない神秘的な蒼い色彩に
心惹かれていたことを、kotoさんが覚えてくださっていて、先日届けてくださいました。

宮崎は、私が中学、高校時代を過ごした場所、神戸は大学時代を過ごした場所。
だからなのか、若かった頃のことをふと思いだしてしまって、
このような詩を綴ってみました。

音楽は、ピアノの音色がとても素敵なPlue Piano ManことHiroshi Watanabeさんの
作品『Twilight Sience』をお借りしました。

kotoさん、いつも素敵なイラストをありがとう♪

音楽付のページはこちら
[PR]
by Emistyblue | 2006-06-05 21:58 | poem