春風のメロディ by EMIKO

f0038347_164514.jpg


春風のメロディ


扉を開けると 一面に咲きほころぶ春が
広がっていた

冬の余韻の残る 冷たい空気が
一瞬にして消えたとき
春風になって 来てくれたのね

甘い香りを そっとしのばせて
とてもおしゃれをして
会いに来てくれたのね

少しだけ固くなっていた気持ちが
春風になったキミのおかげで
ときほぐれてゆく

春風になったキミに
この気持ちをメロディにして届けたい・・

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

19日に六甲のMaiden Voyageで無事LIVEを終えました。
前日雨の1日だったので、その日も雨かと心配でしたが、何とか雨も降らず
まずまずのお天気にも恵まれましたが、風は冷たく寒い1日でした。

LIVEは何回もやってはいるものの、毎回緊張が抜けることはなく、始まるまでは
不安もいっぱいだったりするのですが、そんな中応援してくださる方の気持ちは
とても心の支えになります。

ネットでお知り合いになった仙台在住のイラストレーターのkotoさん(このページのサイドの画像もお借りしている)から花束が届いていたときには、とても感激しました。
kotoさんが春風になって応援しに来てくれたんだ。。という気持ちになって、
緊張も何とかほぐれて、いいLIVEができたような気がします。
そんなkotoさんの温かさに感謝の気持ちをこめて詩を綴ってみました。
この詩にMisty BlueのKeyを担当してくれてるtetsu氏が即興でピアノを弾いてくれました。

イメージページはこちら
[PR]
by Emistyblue | 2006-03-21 16:17 | poem
<< Holland by Eiji ハードボイルドに愛して by ... >>